キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)|キュレーションサイトは2017年からも使えるのか?

こんにちわ、竹野です

 

 

今回レビューするのは、キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)です。

 

  • 安定した稼ぎが欲しい
  • サイトアフィリで煮詰まっている方
  • 記事が書けない
  • 時間がなく記事の量が書けない
  • 大きく稼ぎたい
  • サイト量産の時間がないし、面倒だと思う
  • キュレーションサイトに魅力を感じる
  • キュレーションサイトは稼げると思う方
  • トレンドアフィリエイトで挫折した方
  • リベンジしたい方

 

という様な方はぜひオススメしたいノウハウとツールです。

 

 

2017年になって、キュレーションサイトの順位を下げるというGoogleのアナウンスがあったようですが、正直あんまり信憑性がないと思いますし、検索エンジン以外の集客方法が出来るツールやノウハウは最近は沢山ありますので、あんまり気にしていません。

 

 

勘違いしている方も居ると思いますが、「キュレーション」というのは、「楽に人の記事を集めている」訳ではなく「まとめている」サイトなり作業なりの事を指します。

 

 

つまり、情報を探せない人の為に「色々とある情報をまとめて分かりやすくしている」のがキュレーションです。

 

 

結局の所元ネタよりも価値があるのがキュレートする行為であり、何も他力本願で作るコンテンツの事を指すのではないのです。

 

 

ですので、Yahooのポータルサイト、LINEニュースなどを観たら分かるのですが、今日のニュースとかピックアップ情報をキュレートしているサイトなので価値があるのではないでしょうか?

 

  • 日経ニュース
  • 地方のデジタル新聞のコンテンツ
  • サイゾーのデジタルニュース

 

などを色々と見るよりも、断然と時間短縮が出来るはずです。つまり、キュレーションサイトというのを求めている人というのは非常に沢山いるということです。

 

 

ですので、Googleが「キュレーション=ダメなカスサイト」と决めること自体、非常に難しい所ではないでしょうか。事実、ウェルクの記事も、非公開にする前までは普通に上位にいましたし^^;

 

 

私自身、キュレーションサイトを使っていますし利用もしているので、非常に価値があるというのは理解しています。

 

 

そして、今2017年、紹介する様なツールやノウハウもあるので今までのサイトアフィリやトレンドアフィリエイトとは比べ物にならないくらい簡単に作れる時代というのも魅力の一つではないでしょうか。

 

 

キュレーションサイトというのは、ユーザーの認知度もあり、そして運営側としても簡単で、しかも収益を上げやすいのです。

 

 

つまり、「キュレーション」という言葉自体が「価値がある、元記事よりも優れている」という部分を含んでいるということです。

 

 

そういった優れたキュレートをする事が出来れば、ユーザーにも喜ばれ、その対価として報酬も頂け、アクセスも通常のサイト運営では考えられない様な恩恵を得ることが出来るのは当然なのです。

 

 

  • ×価値のあるキュレーションサイトを作る
  • ○キュレートとは価値のあるモノ、オリジナルを上回る

 

という根本的な部分をまず知っておく事が重要になります。

 

【キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)】

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA) レビュー

 

  • 販売社名株式会社アドシステム
  • 運営責任者 久米 妥
  • 所在地 千葉県八千代市米本1359番地
  • 顧客対応担当者中井伸行
  • サポートメールアドレスnobu@qp-a.biz
  • 販売URLhttps://qp-a.biz/qpa/

 

 

キュレーションサイトというと真っ先に思い浮かぶのが「NAVER まとめ」では無いでしょうか?

 

 

色々な情報を探せない人はたくさんいます。私達アフィリエイトに携わっている人間からしたら当たり前の「複合キーワード」という概念すらない人が、未だにゴロゴロいるのが現状です。

 

 

「ググる」事すら出来ない人が居るので、未だに知恵袋などのサイトが人気なのです。私達から言わせれば「ネットで分からない事があるのに、解決も出来ず、返事待ち」なんて、ネットの恩恵の半分以上ロスしている様な気がします。

 

 

おそらく、知恵袋などに投稿されている質問の多くの答えは「ググれば直ぐに見つかる」様な事です。

 

 

つまり、そういった方が多いからこそ、まとめてあげているサイト(キュレーションサイト)が役に立っているわけですね。

 

 

ウェルクが問題になったのは

 

  • 医療関係のナーバスな部分を、大手が発言元も明記せずに書いていた。
  • ほぼコピペの様な文章を公開していた

 

という様な所があるんです。キュレーションサイトがダメという事ではなく、大手がこういった事をしていたという部分が問題だったのです。

 

 

というよりも、コピペの様な記事でも、キーワードを意識して大量に記事を書きSEOを掛ければ記事単体で上位に来るという事実が分かり「アフィリって稼げるんだ!!」という事実が露呈してしまったという危機感すらあります^^;

 

 

コピペはダメ、コンテンツイズキング!と言っている昨今、結局やったもん勝ち、圧倒的量をこなせば、質すらも凌駕するという事実がわかったという部分も興味深い所ではないでしょうか。

 

 

額と脳味噌に汗をかき、悩んで2日で1記事書くよりも、コピペ的文章で大量に記事を投下する方が稼げる。こういった部分をウェルクがカラダを張って証明してくれた訳です(笑)

 

ある意味元気が出るという所ですかね^^;

 

 

そういった意味で、2017年は

 

  • まとめサイトを作るノウハウやツール
  • アンテナサイトを作るノウハウやツール
  • キュレーションサイトで稼ぐノウハウ

 

という部分に興味があるし、実際にそういったシステムやノウハウがどんどん出てきているのが現状です。

 

 

Googleの顔色を伺わないでも稼げる可能性があるという訳です。

 

キュレーションサイトの現状

 

キュレーションサイトが全て検索上位から落ちたのか?というとそうではありません。

 

 

オリジナルの方が価値があるという認識自体、キュレーションという言葉とは反対の意味に近いですし、沢山の情報をまとめて、ユーザーに分かりやすくキュレートしているサイトが価値がないと決めつける事は横暴です。

 

 

つまり、キュレーションという言葉の通りの価値のあるまとめ方であれば、十分に今でも通用する手法というのは間違いありません。

 

 

大企業がこぞってキュレーションサイトを運営するというのは、もちろんユーザーが多く、広告収入が望めるからなんですね。

 

 

人の褌で相撲を取るというイメージなので、言い方悪いですけど、コストも掛からない。つまり、費用対効果が高い媒体という訳です。

 

 

大企業の動きがそれを証明してくれています。

 

 

このQPA(キュレーションサイトで稼ぐ方法)はまさに「価値のあるキュレーションサイト」を作るノウハウなんです。

 

 

記事の寄せ集めのサイトを作る様なノウハウであれば私も紹介しませんが、、^^;

 

 

それ自体「キュレーション」とは言いませんしね。

 

 

QPAはネット上の情報を集めて、価値のあるコンテンツを作るためのノウハウとなります。

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA) レビュー

 

上記の様に、非常にボリュームがあり、キュレーションサイトを運営する為のノウハウがしっかりと網羅されています。

 

 

テンプレの設置についてもマニュアルがありますので、初心者の方でも取り組むことが可能です。具体的な作業についてもしっかりと書いているので、どうすればいいのか、、という所で止まる事が少ないという印象を受けました。

  • 海外のサイトなどを使ったある方法
  • サイトアフィリに通じる、成約型アフィリで結果を出すノウハウ

 

こういった部分についても書いているのですが、正直参考になる部分も多かったです。あらためて「学習する姿勢を止めていてはダメだな、、」と痛感しました^^;日々勉強ですね。

 

 

キュレーションサイトですので、コンテンツ作成という部分では自分で手を汚す事が無いのですが、「コピペで適当に記事を寄せ集める」という様なノウハウではありませんので、そういった意味では本当のキュレーションサイトを作れるという事になります。

 

QPAの稼ぎ方について

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法QPAの戦略ですが、アドセンスとかではなく、自分の好きなジャンル、得意なジャンルに特化してキュレートしていく戦略です。

 

 

例えば、通常であればアクセスが集まらない脱毛とか、ダイエットとか、そういった大きな市場でもキュレートして情報を集めていくことで、膨大なアクセスを集めることが出来るという事です。

 

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)の凄い所は、

 

  • 集客用の記事
  • 商品成約の記事

 

を投稿していくノウハウまでしっかりと網羅している所です。自分でキュレートしているわけですから、導線も自分で决めれるという事です。

 

 

私達サイトアフィリエイターは必須のスキルなんですが、初心者の方は若干敷居が高いスキルとなりますが、しっかりと覚えていける様にノウハウが体現化されています。

 

 

今はサテライトにチカラを入れなくてもサイトはチカラが付いてきますので、メインサイトをパワーアップするという部分に力を入れて作業に取り組んでいけばいいかと思います。

 

 

入り口を多く、出口を一つに!!という集客方法が学べるのがキュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)ですので、初心者から中級者へ一気に階段を駆け上がれる可能性があるノウハウだと思います。

 

 

また、キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)の最大のキモは、成約する記事の雛形、つまり商品レビューの引用の仕方がしっかりと書かれていることです。

 

 

キュレーションの場合、引用で記事を作るのですが、それを組み合わせ、購入させたい客層にアプローチする必要があるわけです。適当に記事を羅列しても売れるわけではなく、そういった雛形があるのは初心者には嬉しい部分です。

 

 

まさに稼ぎながらスキルアップが出来る環境があるという事ですね。

 

 

この商材の特性上、どのような初心者の方、サイトアフィリに慣れていない方でもベテラン級のレビュー記事を作れるようになるというのが嬉しい所です。

 

 

なんだかんだいっても、スキルという部分でライティング力というのは必須ですので^^;

 

 

商品のレビューは全て引用でテンプレに合わせて作るのですが、今まで私は自分でしっかりと作っていたので、時代的にいい時代だな、、、と痛感します。

 

 

商品レビューをテンプレで作っていった後は、集客用として商品口コミを投稿していくのですが、最初はしっかりと一つの記事をまとめてパワーサイトを作っていくというやり方の方が2017年、ペンギンアップデート4.0には適していると思います。

 

 

また、副業で時間が取られない方、慣れていない方であれば複数のサイト運営は厳しいと思いますので、まずはしっかりと一つのサイトを育てていく方がいいです。

 

 

ただし、今まで(サイトアフィリやトレンドアフィリ)と比べると圧倒的に記事を足していけるので、手が慣れてくれば更にどんどんと追加ができると思います。

 

ツール設置と報酬の規模

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)はツールの設置が難しいと思われる方も多いですが、マニュアルをしっかりと読めば問題ありません。

 

 

Web上へアップロードする必要はありませんし、マニュアル自体も非常に優しいです。

 

 

また、私自身サイトアフィリをしているのですが、トレンドアフィリエイトは報酬規模が小さい為に最初は難しくてもトレンドアフィリエイトよりもサイトアフィリが、、、という気持ちが高いわけですが、どうしても初心者の場合時間がかかるようです。

 

 

それを補うことが出来るのが、今回のキュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)なのですが、正直サイトアフィリ以上の報酬さえも狙うことが可能です。

 

 

一つのサイトをしっかりと運営していくこと、しかも、私が行っている従来のサイトアフィリよりも時間もスキルも少なく運営できるのですが、そうすることでかなりの報酬が狙えるノウハウとツールです。

 

 

報酬&アクセスがあるので複数のサイトを作りたくなるかもしれませんが、報酬が安定するまではしっかりと一つのサイトに記事を投下していく方法を取る方がオススメです。

 

 

月収規模で言えば、一つのサイトで30〜60万円位は十分に狙えるノウハウだと思います。

 

  1. クリック型広告
  2. 成果型広告

 

この2つで稼いでいくのですが、基本は「成果型」用のレビューを書いておき、キュレーションのアクセスで集まる人を取りこぼさない様に「クリック型」も設置するというイメージです。

 

 

全てのアクセスを極力外さない。これがキュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)のキモでもあります。

 

 

つまり、早めの段階で稼ぐ仕組みが出来る様になるという部分が魅力の一つとなります。

 

 

サイトアフィリと同様、ジックリと腰を据えてサイト構築をすることで

  • 〜3ヶ月・・・月収10万円
  • 〜半年・・・月収30万円以上
  • 半年・・・50万円〜

こういった感じで取り組めるかなと思います。

 

 

もちろん、三ヶ月近辺になれば、基本的には「自動生成」ですので、売れるレビューページをノウハウ通りに作っておけば(キャッシュポイントを作る)、この上記の報酬予想のキュレーションサイトが複数出来る時間が出来ています。

 

 

つまり、作業量に応じて報酬自体は横に増えるというイメージですね。

 

 

3ヶ月〜6ヶ月あたりでグンと伸びる、報酬が倍以上になるというのも、「慣れて手が空く」為であり、レターで言っていた150万という数字も、キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)であれば現実的な数値だなと思います。

 

 

大企業がリスクを背負ってキュレーション業界に参加している位ですので、この位の旨味があるというのは当然なのです。

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

2017年という時代にふさわしいノウハウではないかと思います。

 

 

引用しつつ、ユーザーの役に立つコンテンツを作っていくこのノウハウですが、コピペで適当な記事を集めるとう手法ではありませんから、最初は大変かもしれません。

 

 

しかし、大企業しか作ることが出来なかったキュレーションサイトをこの金額で作れるという部分で言えば、絶対に取り組むべき手法だと思います。

 

 

サイトアフィリで時間をかけるという部分にもゆくゆくは絶対挑戦すべきですが、稼ぎながら、または稼げる媒体を持って挑戦するの方が精神衛生上良いと思います。

 

 

副業であればかなりの時間がかかりますし、、また、このツールを使ってもかなりの時間短縮が出来るのは間違いないですけど、やはり最初は時間がかかるものです。

 

 

かと言ってキュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)自体が直ぐに、、ということもなく、全てのアフィリエイトノウハウは時間がかかるモノです。

 

 

しかし、手間、スキルという部分を踏まえた所でいえば、圧倒的に速く、驚くほどの成果が狙えるというのは間違いないノウハウとツールのパックだと断言できます。

 

  • 安定した稼ぎが欲しい
  • サイトアフィリで煮詰まっている方
  • 記事が書けない
  • 時間がなく記事の量が書けない
  • 大きく稼ぎたい
  • サイト量産の時間がないし、面倒だと思う
  • キュレーションサイトに魅力を感じる
  • キュレーションサイトは稼げると思う方
  • トレンドアフィリエイトで挫折した方
  • リベンジしたい方

 

など、の方はぜひ手にして欲しいと思います。今までのサイトアフィリ、トレンドアフィリとは全く違う手法とツールですので、新鮮で尚且つ稼げるというのは間違いないと思います。

 

 

2016年、また2017年以降もこういった特化型のキュレーションサイトは絶対にユーザーは必要です。

 

 

需要がある=対価としてのアフィリエイト報酬が望める。

 

 

という事です。

 

 

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)がサイト丸パクリノウハウであれば勧めませんが、このノウハウを実践する、また、このノウハウの意図どおりにサイトを進めていく事で本当のキュレーションを提供出来る事が出来る。

 

 

収益性が高いキュレーションサイトを個人で運営できるのです。やらない理由が見つからないというレベルです。

 

 

企業がやっているくらいですので^^

 

 

それだけ利益が出るということです。大企業がアフィリエイトで参入しているパターンは、キュレーションサイト参入だけではないでしょうか?それだけ会社の利益として期待できるという事が分かると思います。

 

  • 内容の濃いキュレーションサイト
  • 価値があるキュレーションサイト

 

を運営できることが出来れば、報酬は間違いなく伸びますし、アクセスも増えます。

 

 

まとめた記事に価値があるという部分で言えば、2017年以降もキュレーションサイト=ダメサイトで順位を下げようとは絶対にならないと思います。

 

 

こういった可能性があるアフィリエイトジャンルに参入するかどうかはアナタが决めることですが、一つだけ言えば、私が参入した時代には、こういったツールやノウハウが無かったという事ですね^^;

 

 

逆に言えば、サイトアフィリを覚えないと、報酬の規模を上げる事が出来ない時代だったという事です。

 

 

しかし、2016年、2017年という時代だからこそ、こういった手法やノウハウ、ツールが出て、誰でもお金と勇気を出せば参入できるのではないでしょうか。

 

 

ぜひ私のサポートや特典も利用して、しっかりと成果を出していきましょう。

 

 

>>【特典付き】キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)の公式サイトはコチラ

 

竹野の特典

キュレーションサイトで稼ぐ方法(QPA)にもしっかりとノウハウが書いているのですが、当サイトで購入した方しか知り得ない様な情報を網羅したレポートを差し上げます。

 

  1. 初心者がシンプルにキュレーションサイトで稼ぐ戦略
  2. キーワードが命!キュレーションサイト独特のキーワード戦略
  3. 狙うべきキュレーションジャンルはコレ!一発で需要があるキュレーションジャンルを知る方法
  4. キュレーションジャンルのトレンドを取り入れアクセスを最大限に増やす戦略

 

こういった部分について、サイトアフィリエイターの目線でしっかりと教えます。

 

 

もちろん、メールサポート対象商品ですので、分からない所は遠慮なく質問してください。

 

特典付きの確認を忘れずにお願いします!

竹野 You Tube恋愛マーケティング レビュー


最新トレンドアフィリエイトブログで稼ぐ方法 アラジン レビュー


上記確認後、購入お願いします。