外注を使わない理由について。

こんにちは竹野です。外注を使ってサイトアフィリエイトの記事を書くというのが定番ですが、私は一切外注を使って記事を増やしていません。

 

 

2016年以降にMSR(メイン・サイト・リライター)に出会い、今まで外注を使っていた自分が情けなくなったと当時に、ずっと外注を使っていた時に思っていたストレスというものが浮き彫りにされたからです。

 

 

私が勧めているのはMSR(メイン・サイト・リライター)でとにかく検索上位に来ている記事を参考にリライトする(パクる)方法なのですが、このように自分の陣地を広げていくというのは非常に大事な考えです。

 

 

自分の資産を増やしていくという意味では、外注も使って記事を書いていくというのも一つの有効な手段だと思うのかもしれませんが、私的には外注を使わない理由は沢山あり、今日は質問で「外注を使ってサイトアフィリエイトの記事を増やしていきたいのですが」というものが複数来ていたため、それについて書いていきたいと思います。

 

外注自体はクリエイティブではない

 

在宅ライターとして記事を書いている外注の人は、基本的にクリエイティブな事ができないのです。私たちのようなアフィリエイトをしているような人間とは違い、自分で記事を書いて稼げる方法があるというにも関わらず、自分の可能性を考えずに記事を書いてお金をもらうことを選択している人です。

 

 

ですので外注に対して色々と求めていたとしてもそれは相手が理解する事が出来ない事がほとんどだと思います。

 

 

今稼いでいる稼いでいないというのは関係なく、外注を雇う側なのかそうじゃないのかという所が大事です。

 

 

稼ぐために外注を使って記事を増やすという考えも大事ですか、稼ぐという部分にフォーカスすればMSR(メイン・サイト・リライター)を使って記事を増やしていこうは絶対的に有利です。

 

基本的にサイトアフィリエイト出来ない人間が外注で記事を書いている

 

実際にサイトアフィリエイトを行っている方であればと思います.サイトアフィリエイトで記事を増やしていく事は非常に難しい事です。

 

 

在宅ワークで記事を書いているような人は、自分自身で稼ぐことが出来ず、自分自身でサイトの勉強をする事を拒否している人です。ですので、今あなたが稼いでいないと言うことは関係なく、単純に外注さんよりもレベルが高い状態で仕事をしていると言うことを覚えておいてください。

 

 

サイトアフィリエイトに行っていると言うだけで、外注より素晴らしい仕事をしているという自覚が大事です。

 

モラルの低い外注さんはいまだに沢山いる

 

基本的に外注のモラルの低く、リライト記事とほとんど同じだったり、納期を守らず連絡が取れないと言うようなケースは多々あります。

 

 

基本的にお金を払った後まで色々なトラブルがあるのか外注です。記事代行サービスを使うと言うのもいいですが、圧倒的に記事を増やしていくためには外注さんに頼り切るというのは非常にリスクです。

 

 

まともな外注さんというものは、基本的にお抱えのアフィリエイターがいるため、なかなかフリーで動いている人はいません。一文字で0.1円とかで受けているような外注さんは非常にリテラシーも低く、クオリティの低いためあまりお勧め出来ませんし、やって見て時間とお金の無駄と言う事が普通にあるので注意が必要です。

 

今Googleが求めている文字数をかける外注さんはアフィリエイトをしている

 

一昔前は、1記事あたり500文字や600文字で納品出来、またそれをアップロードする事で売り上げが出来ていました。

 

 

ハッキリ言って1000文字以上の記事を書く場合、非常に難しいわけで、実際にサイトアフィリエイトで記事を書く場合、1000文字以上を書くまでに非常に時間がかかってしまうと思います。

 

 

慣れてくれば3000文字とか5000文字も書くことが出来ますが、外注さんに2000文字の記事を書いてもらおうとしたら、2000文字以上のコンテンツをかける外注さん自体がいない、仮にいたとしても非常に高額出あると言うことが分かるます。

 

 

私たちアフィリエイターにとっては、基本的に2000文字とか3000文字を書く人もいるのですが、外注などの記事代行サービスにいたって見れば、この文字数を書く人間というのは非常に少ないわけです。

 

 

ですので、今Googleが求めているようなレベルで記事を書こうと思えば、それだけで外注さんを選ぶことは非常に難しい状態になります。基本的に外注がいない状態です。

 

 

文字数を増やせば増やすほど、外注のクオリティーが下がり、単価も上がってくるためそもそも外注を使って記事を量産する目的が変わってくるケースが起こります。

 

 

リライトをしても構わないが、リライトする着眼点が違うためズレる私たちアフィリエイター視点で、記事のリライトを考えた場合、リライト元を特定されないような工夫も考えますが、外注レベルでこれを求めてもほとんど対応してくれないケースが多いです。

 

つまり、○○の記事を参考にして、別の記事を作ってくれ…という風な感じで注文したとしても、ほとんどの外注はこのリライトのレベルの意味がわかりません。

 

 

結果的に、ほとんどん内容が変わっていない、或いはキーワードが外れたような意味の分からないような文章になります。

 

 

リライト元を教えた後も、どのようにリライトをしていくべきなのか?と言う様なところまで教える必要があり、かえって時間がかかったり、外注を頼む意味が全くなかったりになるのです。

 

お勧めのリライトツール

 

このように外注を使って記事を増やすというのは、2017年の今、あまりお勧め出来ない手法となります。かといって記事の量産をしない限り、副業サイトアフィリエイターが稼ぐというのは厳しい部分があります。

 

 

当サイトでお勧めしているMSR(メイン・サイト・リライター)を使うことで、今までの悩みが圧倒的に改善出来ると思います。

 

 

また、当サイトオリジナルの特典を参考にしていただければ、リライトされた元記事の状態さえも分からないくらい、オリジナルのような記事を公開する事が出来ます。

 

 

ほとんどネタを変えることなく、色々なキーワードや、色々な内容で記事を量産する事が出来るため、時間のない副業アフィリエイターや、記事を書くことが出来ないようなアフィリエイターの方には絶対的に有利なツールになると思います。

 

>>【オリジナル特典付き】MSR(メイン・サイト・リライター)のレビュー|副業ではこう使う!激ヤバレビュー