外注を使うよりもMSR(メイン・サイト・リライター)が絶対的に有利

こんにちは竹野です。

 

 

サイトアフィリエイトにおいて記事の量産というのは絶対的に必要です。オリジナルの記事や、独特の切り口からの記事というのはもちろん成約のためには必要なのかもしれませんが、その様な時間をかけたオリジナル記事というのがすべての売り上げを作るわけではなく、単純にクオリティが低くても、いかにWEB上に自分の資産を残せるかと言うのか大事なんです。

 

 

外注記事を頼むというのも、以前のサイトアフィリエイトにおいては通常通り当たり前の感じでした。稼ごうと思えば外注に頼んで沢山記事を書き、Web上に自分の資産を沢山後悔すると言うのが定石で、今でも普通にやっている人は多いです。

 

 

しかし今外注のクオリティーというのは非常に低いと思っています。私自身も外注を使っていた時期はあるのですが、まずリライトをしているかどうか?という部分で確認しなくてはいけませんし、丸パクリの状態で記事を納品すると言う様なモラルのない外注も沢山います。

 

 

自分であてにしていた1ヶ月後の記事の数というものも、実際に外注が開けてくる記事によっては、それが無駄になり、また1ヶ月後に伸びてしまうというケースもあります。ですので外注というのは非常に便利である一面、自分の望んでいるクオリティを出してくれる外注というのがいないというものが問題点となると思います。

 

 

私も外注を使っていた時期に、かなりストレスがたまり、結果的にお金を出しているにも関わらず色々な手も考えた時に書いて効率が悪くなるという事に気づいたのです。

 

 

ですので、サイトアフィリエイトて結果を出せには記事の量産が必須とわかっているにも関わらず、やはり1人で記事を書いていくしか方法がないという風に思って、とにかくずっと1人で記事を書いていました。

 

 

記事を書いていく事でほとんどの事を打破する事が出来るんですが、やはり記事を書いておくWeb上に公開するというのは時間がかかるものです。

 

 

自分で調べた記事、自分で調べた情報でないとしても、1記事書き上げるというのは非常に時間かかる仕事となります。また、今ではなく売るは2000文字以上が必須っと言われていますので、2000文字は1時間以上もかかることが多く、副業でアフィリエイトをする場合において、かなりの時間を取られてしまいます。

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)を使って、サクサクと記事を量産するという作業効率を、私自身昨年から実体験として経験しています。リライトツールと言うだけで、何か先入観があったのですが、実際に使ってみることで驚くべき作業効率が出たのにはビックリしました。

 

 

私自身副業をやっているため、自分で言うのもなんですがかなり効率を求め、作業の色々な部分にかける時間も早いと思っています。しかし、MSR(メイン・サイト・リライター)を使うことで、今まで以上に作業効率が上がる本当に自分自身ビックリして、自分と同じ頭を持った人間を3人雇っているような雰囲気になったのはビックリしました。

 

 

外注さんを頼むというのは、やはり出来の悪い人間に教育していると言うような気分になり、「何でこんなことも分からないのか?」「何であのように言った事が、このような結果になるのか?」と言う様な意思疎通が出来ない事は多々あります。

 

 

外注というのは非常にストレスがたまります。サイトアフィリエイトにおいて、記事の量産は絶対的に不可欠です。この記事の量産というのはツールで一気にやるって言うような類のものではなく、クオリティーが高い、クオリティーが低いもの、とにかくリライトをしたと分からないようなレベルの記事を沢山書くという事です。

 

 

どの記事が当たるのか、自分でいいと思っていた記事が実は全然ダメだったりとか、リライトツールをもとに書いた記事が物凄くアクセスを集めたりとか、実際にWeb上に公開してみないと分からない事は沢山あります。

 

 

あれこれ色々なノウハウを探して考えるよりも、サイトアフィリエイトで稼ぐには、絶対的に記事数を増やしてWeb上に沢山公開する必要があるといえるでしょう。

 

 

外注さんというのは、言われた事に対してしか頭を使わないため、こちらの言うことをあまり積極的に理解してくれようとしません。

 

 

アフィリエイトで外注さんを捕まえるというのは非常に難しいのです。昔のサイトアフィリエイターは「外注と考えるのではなく、意思疎通をする必要がある」と綺麗事を言っているような人は一部いました。

 

 

しかし、サイトアフィリエイトで記事を量産していくというのは必須であり、外注さんを雇う理由は、とにかく沢山の記事をWeb上にばらまく意図なので、外注さんを教育すると言う様な時間は私たちにもないのです。

 

 

私たちはお金を使って外注さんを雇い、こちらが目指すものお願いしているのですから、それを表現出来ないような外注さんストレスでしかありません。

 

 

私もMSR(メイン・サイト・リライター)を使って記事を沢山量産出来るようになり、外注さんを今まで使っていた自分を後悔しました。

 

MSR(メイン・サイト・リライター)を使ってリライトするメリット

 

MSR(メイン・サイト・リライター)も使ってリライトするメリットとしては、ツールが余りにも優秀すぎて、パクリ元の記事とは全く別物にする事が出来ると言う事です。

 

 

これはデフォルトで使うとこのような事には出来ませんが、僕の特典を意識して使ってあげれば、ハッキリ言ってリライトとの人間か分からないようなクオリティに仕上げることが出来ます。

 

 

Googleはリライトのツールで行ったものを判断出来ると言われています。それは今までの一般的に考えられている、単語の置換をするくらいのリライトの事です。

 

 

しかしMSR(メイン・サイト・リライター)のパリでは、単純に単語の置換ではなく、色々な粉末や、接尾語などのリライトも可能になっています。
私の特典のように前準備をするだけで、元々の記事とは全く違うような記事が仕上がります。考えることなくほぼオリジナルの記事を作ることが出来るという事で、やはり外注さんを使って記事を頼むと言うよりも、かなり効率的に記事の量産が可能になっています

 

>>【オリジナル特典付き】MSR(メイン・サイト・リライター)のレビュー|副業ではこう使う!激ヤバレビュー