副業こそ、初心者こそリライトツールを使うべき理由について。

【2018年5月某日】書き直してしています^^;

 

こんにちわ、竹野です。

 

リライトツールを探しているアフィリエイターの方は多く、副業の方は特に、記事を書く時間が取れない悩みを持っているからだと思います。

 

 

慣れていない方であれば、そもそも論として「トータルでアフィリエイトの作業時間がかかる」ので、慢性的に記事作成の時間がないですよね。

 

 

慣れている方も、副業の場合「せいぜい一日3〜5時間」程度でしょうから、記事が一つのドメインに積み重ねるスピードがどうしても遅くなります。

 

  • 外注を使って同時多発的に記事を書いていく
  • 作業スキルもある
  • 資金力もある
  • 時間もある

 

この様な専業アフィリエイターと戦う必要があります。

 

キーワードが一緒の場合「同じ土俵」で戦わないといけませんから、記事の「質」レベルではなく圧倒的な記事数が足りてないのです。

 

つまり、同じ土俵すら上がれない^^;。これはかなり厳しいですよね。

 

 

このページでは、モラルとかの部分は置いていおいて『アフィリエイトで報酬を上げる為の考え方』について私なりの意見を書きます。

 

 

やはり私は背に腹は変えれない状態でアフィリエイトを始めましたし、多くの方がリライトツールを探しているのは私と同じ気持ちからだと思います。

 

 

ですから「パクリはだめです」「自分のオリジナルこそ最強です!」と当たり前のことを言うつもりで書いているワケではないという事を先に言っておきます^^;

 

リライトツールを探している方へ|まずリライトという概念について

 

この文章を読み直してみて「なんて的を得てないんだ!」と思いました(笑)ですから、2018年の5月に書き直しをしています。

 

 

「リライトツール オススメ」というキーワードで検索されている方の真意を全く感じず、ただ単純に赴くままに殴り書きをしていた私が恥ずかしいです^^;

 

 

リライトツールを探しているアフィリエイターの中には、「始めたばかり」の方も多くいると思います。そのため「リライトツール」と言っても、いまいち理解出来ない方もいるかも知れないと思いました。

 

 

おそらく、リライトツールのオススメがないかな、、と思って探されている方は

 

  • MSR(メイン・サイト・リライター)
  • PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)
  • ゴースト3

 

あたりを知っていると思います。

 

「リライトツール」のお勧めはどれが良いのか?について考える前に、「リライト」の定義について決めておく方が良いと考えました。

 

アフィリエイトのリライトとは?

 

アフィリエイターが「リライト」という言葉を使う時、

 

  • 自分のオリジナルではない文章(元の文章がある)
  • Googleに「分からない程度」の質の悪い文章

 

の二通りがあるのではないか?と考えます。

 

自分で文章が書け、組み立てることが出来れば、「自分独自の文法に基づいた記事」を書く事が出来ます。

 

自分自身の文法に基づいて記事、と言う部分で

 

  • わかりやすい記事
  • 伝わりやすい記事
  • 何が言いたいのか明確な記事

 

等が関係します。これももちろん「成約」でアフィリエイターにとっては重要です。

 

「自分独自の文法に基づいた記事」でも

 

  • ネット上で情報を収集した「妄想記事」「コタツ記事」
  • 独自の体験に基づいたリアルな記事(自分だけの記事)
  • 独自で取材をする記事

 

等に分かれるでしょう。

 

つまり私が考える「リライト」とは、「自分独自の文法に基づいた記事」以外の文章です。

 

リライトツールは大きく分けて2種類

 

この様に「リライト」を定義した時、「リライトツール」も目的に合わせて購入しなくてはいけません

 

つまり「なぜリライトツールが必要なのか?」と言う買い手の思考が重要になります。「ツールは持っているだけではダメで、使い手によって大きく変わる」と言われるのもこの様な理由です。

 

今リライトツールで「2018年のGoogleに対しても使える」と考えた場合「購入すべきモノ」が限られてきます。

 

それでは、長くなりますが、しっかりと読んで下さいね。

 

厳密に言えばMSR(メイン・サイト・リライター)はリライトツールではない

 

  • googleに捕獲されない記事を生成する・・・PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)
  • リライト元の記事を「参考記事」と分からない様にリライトする・・・MSR(メイン・サイト・リライター)

 

という違いがあります。しかし、両方の目的として「リライトツール」という認識で大丈夫です。

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)は「あなたが参考にしたい記事」を選んであなた自身で単語や文章をリライトしていきます。

 

PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)は、ツールのロジックによって「同じ文章を生成されない様に吐き出す」イメージです。

 

2つは全く意味合いが変わってきます。

 

  • MSR(メイン・サイト・リライター)…成約率の高いコンテンツもかける
  • PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)・・サイトの底上げ、サテライトサイトの更新の効率化

 

この様に分けて考えるとイメージしやすいです。

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)は

 

  • 機械的な不自然なリライトではない
  • ネタ元とは全く違う同レベルの記事を考える事なく書ける
  • 記事を書いた人、パクリ元からバレるレベルのリライトではなく、別物が出来上がる

 

こんな感じです。

 

PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)は

 

  • ツールのロジックを使って同じ文章が出来ない
  • 自分で文章が選べない

 

この様な感じです。

 

成約率を高める為のコンテンツ作成も考えるとMSR(メイン・サイト・リライター)

 

PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)は「サテライトサイト」等の更新には非常に効果が高いです。

 

 

しかし「成約率の高さ」を考慮した文章を書きたいのであれば、圧倒的にMSR(メイン・サイト・リライター)が良いでしょう。

 

  • 自分で記事の薄め方(内容ではなく、元記事とかけ離すという意味)を調整出来る
  • 一回きりのツール代のみで、圧倒的に数を増やす事でペイ出来る
  • 自分で「自分の言葉を増やしながら」リライトが出来るので、コピペでひっかかるリスクは全く無くなる文章も可能
  • 本当に自分が数人居る様な錯覚で記事を圧倒的に増やす事が出来る
  • リライトツールというのではなく、オリジナル記事作成ツールとも言える

 

ホワイトSEOでサイト構築をしたい方であれば、PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)よりもMSR(メイン・サイト・リライター)をお勧めします。

 

ブラックSEOされている方で、

 

  • サテライトブログの更新が時間がない
  • サテライトブログの記事を作りたいが時間がない
  • 成約するサイトは作れるが、それを支えるバックリンクの記事が回らない

 

この様な方は、PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)がお勧めです。

 

 

今現状で、あなたがどの様なアフィリエイトをしているかによって、ツールを選択する方法が変わってきます。

 

 

購入前に悩んでいる場合は、遠慮なく質問をしてください。

 

takeno.info@gmail.com

 

「知識がゼロ」「ツールの使い方が全く分からない」から始めたとしても、どちらのツールも「難しさ」では変わりません。戦略が変わるというだけであり、ツールの使いやすさ、ツールの難しさの変化はないです。

 

 

2018年の現在、この2つ以外のリライトツールの選択肢はないと思います。

 

 

無料は私は使ったことがありません。無料の中にも、この2つのツールの足元には及ばないけど「無料とは思えない」レベルのツールもあるかもしれません。

 

 

しかし、「時間の無駄」です。使えそうな無料ツールを探す時間が勿体ないです。

 

 

時間効率を考えて、圧倒的作業時間を増やす為にリライトツールを探しているのに、「リライトツールを探す時間」が莫大になれば、本末転倒になります。

 

パクるという部分のモラルについて

 

PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)は「生成された記事」です。MSR(メイン・サイト・リライター)は「リライト記事をあなた自身が決める」という感じです。

 

 

リライトツールとしてまとめましたが、目的や生成される手法が変わります。

 

 

使い方はアフィリエイト初心者でもカンタンに覚えることが出来ますが、稼ぐために使うにはちょっとしたコツがいりますし、考え方が大事です。

 

 

PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)は「指定ジャンル」を購入すれば、記事を生成してくれます。(1300文字程度)

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)は、

 

  • リライト元は自分で探す、リライトしたい記事を自分で探す
  • MSR(メイン・サイト・リライター)を使う
  • リライトをする

 

と言う工程です。

 

ただし、リライト元の文字を変えるだけでは成約率の高いコンテンツも書けませんので、そこは経験が必要です。

 

 

モラルの部分では「パクりたくない」と思われるアフィリエイターも多いでしょう。

 

スティーブ・ジョブズ『「優れた芸術家はまねをし、偉大な芸術家は盗む」とピカソは言った。だからすごいと思ってきたさまざまなアイデアをいつも盗んできた。』

 

しかし、1週間で1記事しか書けない人は、いつまで経っても稼げません。単純に言って、1週間で同じ労力で20記事書ける方が、稼げる確率は20倍になります。

 

 

コンテンツを更新していくコトこそ、最大のSEOになります。ですので、そこの部分でどのくらい「妥協出来るか?」が重要です。

 

 

『背に腹は代えられない』という言葉がありますが、皆さんは色々な部分を抱えてアフィリエイトをされていると思います。

 

  • Googleにバレない様に自作でリンクを付ける
  • メインサイトの為に大量のサテライトサイトを作る
  • まとめサイトを作り、自分のサイトを紹介する
  • アンテナサイトを作り、自分のサイトを紹介する
  • テキスト情報を動画で作り変えYou Tubeにアップする
  • 芸能人の一記事あれば十分な記事を、トレンドアフィリエイターが大量生産する

 

正直、副業のアフィリエイターの場合、アフィリエイトで稼ぐ為には『正攻法』では無理な事が沢山あります。

 

 

『ユーザーの為になるような記事を、誠心誠意作る。そうすることでGoogleにもユーザーにも評価され、安定して稼げる』

 

 

一理あります。でも、そんな記事、副業で、尚且つ作業時間を取れない状況のアフィリエイターが、1ヶ月で何記事書けるでしょうか?

 

 

「パクるなんてとんでもない」と、正義感を持って発言する方もいます。私もどちらかというとその傾向が強いです。

 

 

しかし、「ブラックでリンクをつける」「外注に記事を頼む」これもビジネスとしては成り立っています。リライト元の記事を自分で探し、自分でライティングスキルの勉強のために参考にする。

 

 

基本的には、同じではないでしょうか?

 

 

外注のサイトを見ていると、大手の資金源を持ったアフィリエイターも沢山参入しています。

 

 

「参考にするサイト」のURLを2〜3個ほど掲載していて、「こちらのサイトを参考にしてください」とライターに指定しています。

 

 

これとMSR(メイン・サイト・リライター)を使って記事をリライトする事は、私からすれば同じ事だと思います。

 

 

金額的に言えば、圧倒的にMSR(メイン・サイト・リライター)の方が安いですし、一文字0・7円でも「稼げていないアフィリエイター」からすれば大金です。

 

 

ですので、リライトツールを使って記事を書いていく事は、良心的に心苦しいと思う気持ちはまっとうではありますが、あまり考えなくて良いと思います。

 

 

何か、不正する事を推奨している様な記事で申しわけありませんが、「背に腹は代えられない」事情でアフィリエイトに取り組んでいる方が殆んどでしょうから。

 

  • 1ヶ月で精魂込めた、誰にも書けないオリジナルの記事。
  • 自分でも満足、人に見せても恥じない記事。
  • 図も挿れ、写真も挿れ、自分の実体験も踏まえ書いた記事。

 

それを1ヶ月かかって1記事書いても正直稼げない確率の方が高いです。というか、絶対稼げません。

 

 

なぜなら、ユーザーの思いは一人ひとり違います。アナタがベストと思っている事は、みんなも「そう思っている」とは限りません。

 

 

そして、「記事が少ないコンテンツ」というのは、「質」以前にGoogleに価値を認められません。

 

 

初心者こそ「質」にこだわらず、「圧倒的な量」にこだわる必要があります。その圧倒的な量をこなすことで、「質」が分かります。

 

 

それよりも、MSR(メイン・サイト・リライター)の様なリライトツールを使って、効率的に記事を作っていく。

 

 

『ソコソコのレベルでも良いので、ある程度の記事を積み重ねる』方が、アクセスが増える可能性が高いです。

 

 

そして、そのメインサイトを支える為に、サテライトサイトなどを作って、PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)などで更新をしていく。

 

  • 外注を使って記事を書いていく
  • ツールを使って記事を書いていく
  • 自分自身で記事を書いていく

 

基本的にはこの三つしかありません。最後の自分自身で記事を書いていく、というのが最難関です。

 

 

この状態に持っていく為に、効率よく「アクセスを集めるコツ」を知る必要があります。

 

  • 『納得できるオリジナル記事』が1記事
  • 『リライトツールを使った、ネタ元が分からないレベルのそこそこの記事』10記事

 

であれば、絶対に後者です。

 

 

リライトツールを使って半年で200記事近く作るアフィリエイターと、オリジナルで半年で5〜10記事しか作れないアフィリエイターでは、間違いなく前者が稼げます。

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)の方は、自分自身でリライトする記事を「見ながらリライトする」ため、「練習しながら成約率の高い記事が書ける」もお勧めする理由です

 

『リライトツールを使って、パクって卑怯だ!!』

 

確かに、こう感じるかもしれません。

 

 

しかし先程も言った様に、「自分自身で自作自演リンクをしている」「資金力を使って外注に参考記事のURLを表示して外注に頼んでいる」と大した違いはありません。

 

 

どちらにしても「いつまでもパクっ記事を書いて行こう」と言う思考のアフィリエイターは稼げませんので、最初の取っ掛かりとして「模倣する」選択肢も「恥ずかしい事ではない」と思います。

 

 

「オリジナルで書くべきだ」と言うアフィリエイターも沢山いるでしょうか、逆に「全てあなたが発するものがオリジナルなのか?」を聞きたいくらいです。

 

 

  • いや、俺はアフィリエイトを自分の正義の元にやるんだ。
  • リライトツールで効率が20倍になることを知っていても、誇れる仕事がしたい。
  • 何年かかろうが、今の手法でコツコツと記事を重ねていく。
  • 確かに、1ヶ月で1記事、たまに3ヶ月で2記事の時もある。でも、記事をパクッたりする事は俺は出来ない。

 

そう思う方は、素晴らしいと思います。ぜひ続けていって下さい。それも一つの選択肢です。でも、私はアフィリエイトで稼ぎたいです。

 

 

世の中のリライトツール、そして私の様に「リライトツールをアフィリエイトして稼いでいる」人間を軽蔑する。それも一つの考え方です。

 

 

私は副業です。時間も限りがあります。だから、リライトツールを選びます。1年かかる事を1ヶ月で出来るとしたら、選択しない理由はあるでしょうか?

 

 

「いくら良い記事」「稼げる案件」でも、グーグルが評価してくれないドメインでは「価値がない」のと同じです。全て机上の空論です。

 

 

「自分のアフィリエイトの戦略」をしっかりと決めて、使い方をしっかりと意識して、頭を使っていけば「元記事が分からないレベル」で、まるでゼロから記事を作ったかの様なコンテンツを作ることが出来ます。

 

 

正直副業は時間が限られている為、まずは記事数を書ける(量をこなせる)方法を考える事が大事です。

 

 

最初は抵抗あるかもしれませんが、やっている事は

 

  • 被リンクの為の無料ブログを数百作る
  • 意味の無い中古ドメインサイトを作る
  • 外注に「参考にする記事のURL」を教えて、「コピペが分かれば報酬は支払いません」と言っている

 

と一緒のレベル(ブラックという意味)で悪い事です(笑)

 

リライトツールの目的は「効率化」しかない|「時間」を「お金」で買う

 

ですので、ハッキリと明確に「パクリ出来ます」と言えない販売元の代わりに言わせて頂きますが、正直言えばこのツールは卑怯でズルい事が沢山出来ます。

 

 

私がお勧めする2つのリライトツールは、圧倒的に作業効率が上がります。

 

 

私は2016年に、この2つのツールを知りました。

 

 

「フザケてる!!」と思える圧倒的な作業量の早さ。サクサクっと出来る訳ですからやっぱり凄いツールです。

 

 

どちらも素晴らしいリライトツールです。変な正義感を背負うよりも、しっかりと出来る事をした方がいいかなというのが私の意見です。

 

 

作業効率が上がるという事は、「稼ぐまでの時間が短縮する」事を意味します。つまり「時間」をお金で買っている事になります。

 

 

結果的には「お金」を「お金」で買っていると言っても良いでしょう。

 

 

副業は時間が足りません。「作業効率を上げる為」には

 

  • 外注を使う
  • ツールで効率よく記事を書く

 

しかありません。

 

 

何度も言いますが、モラルという部分で言えば、

 

  • 人の記事をパクる
  • 無意味な複数の意味のないブログを発リンクの為に作る

 

という部分も迷惑です。

 

 

それが「作った人」に向けて悪いこと(良心の呵責)がリライトツールであるし、検索者の迷惑になるのが無料ブログの複数作成という違いだと思います。

 

リライトツールを使うべき理由|いつの時代も「記事を書く」事が稼ぐためのベース

 

確かに、文章を書くことを放棄して、アフィリエイトで稼ぐことも不可能ではありません。でも、書けるに越したことはありません。

 

 

You Tubeにしても、アドセンスよりも、動画で集客してメインサイトへ誘導の方が圧倒的に稼げます。

 

 

しかし、慣れないと書けません。ですから「諦める」。リライトツールを使う事で作業時間が短縮出来ます。今までの作業量の何十倍の作業量を産み出すことが可能です。

 

 

そして「外注に頼むよりも遥かにコスパが良い」のも、副業アフィリエイターにとっては良い部分です。

 

 

「稼ぐ為」に投資するのはアフィリエイトの基本ですが、出来るだけリスクのない方が良いです。また、「自分自身が何を書いていいのか分からない」レベルの状態で、外注に指示等出せません。

 

 

モラルも大事ですが、そのモラルに縛られて、一週間に一記事しか書けないアフィリエイト人生を送っても、稼ぐことは出来ないでしょう。

 

 

  • MSR(メイン・サイト・リライター)を使ってリライト記事を「自分流にアレンジしてリライト」していき、ライティングスキルを身につける
  • PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)を購入し、サテライトサイトを更新する

 

副業アフィリエイターにとって、間違いなく利用価値があるのではないでしょうか。

 

 

私も、2016年の年末に知って使っているのですが、明らかにギアが数段上がり、突っ走る事が出来ていますので、副業などで手が回らないアフィリエイターの方等には、ぜひとも使って欲しいと思います。

 

稼いでいない人、アフィリエイトで稼げてない人が外注がダメな理由

 

外注さんは、たしかに優秀な方もいますけど、まずは量をしっかりとこなす必要があります。

 

 

出来の良い外注さんに、キラー記事を書いてもらったりするのは「圧倒的に量をこなしているという仮定の元」で有効です。最初から、一記事千円を超えるような記事を10記事書いてもらう等は現実的ではありません。

 

 

「外注さんに記事を頼むあなた自身」が「売れる記事の書き方」「成約率の高い記事の書き方」が分からないのに、外注さんに指示を出せるはずがないのです。

 

 

私がオススメしているリライトツールのMSR(メイン・サイト・リライター)は、一記事数千円かかる様な記事を「元の記事が分からないレベル」でオリジナル文章として公開する事が出来ます。

 

 

「リライトする記事」をあなた自身で見つけ、あなたがリライトをするので、リライトをやりながら成約率の高い記事の書き方を覚えることが出来ます。

 

 

仮に「良い記事が書ける外注さん」を見つけたとしても、やりとりの中でストレスも生じます。あなた自身がアフィリエイトを理解していない場合、外注さんはあなたの事を信用しないと思います

 

 

「良い記事」を外注さんに求めるのであれば、あなた自身がある程度のレベルにいる必要があります。また、その外注さんを雇うのもお金がかかります。

 

 

もしあなた自身が、ある程度のアフィリエイトのスキルがあり、良い外注さんを雇っているのであれば問題はありません。

 

 

しかし、そうでない限り、メインサイトをしっかりと育てて行くのであれば、MSR(メイン・サイト・リライター)一択ですね。

 

 

外注を使うという部分は忘れて、

 

  • メインサイトをリライト記事を使いたい、成約出来る記事を作りたい・・・MSR(メイン・サイト・リライター)
  • 無料ブログに投稿する為の記事を大量に作っていきたい・・・PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)

 

の2つのリライトツールを効率よく使う方が良いです。

 

アフィリエイトで稼ぐ為の基本的な考え方

 

アフィリエイトで稼いでいく為の作業はシンプルです。

 

 

そして「アフィリエイトで稼ぐ為」に最低限必要な事もあります。

 

  • 作業をして、記事を書かないと報酬は上がらない
  • 質よりも、量が大事
  • ある程度の質、ある程度の見た目であれば、質は後回しでいいレベル

 

です。

 

 

「アフィリエイトで稼げません」という方の話をよく聞くと、恐ろしいほどに作業をしていない事が殆んどです。

 

 

逆に「その状態で、どうして稼げると思っているのですか?」と聞きたいくらいです。一番最初は、とにかく何でも良いので記事を書いていく。

 

 

記事が書けないのであれば、リライトツールを使ってとにかく自分自身の陣地を広げていく意識が必要です。「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」精神で取り組まなくてはいけません。

 

 

まず、どれだけ最新のノウハウだろうと、どれだけいいツールだろうと、それを使って何をするかが大事です。

 

 

稼げない理由は知識だと思っているのであれば間違いです。

 

 

しっかりと記事を書き、作業をする事が大事です。それが出来れば稼ぐことが可能です。難しい事ではないはずです。

 

 

そして、初心者であるという自覚を持っている方は、自分が書く記事について自信を持っていません。

 

 

ですので、

  • 「いい記事を書かないと、、」
  • 「こんな記事を書いても、、」

と言って、記事を書くことを辞めたり、質を上げる為にずっとライティングの勉強をしたりします。でもアウトプットして自分で書くことでしか質は高まりません。

 

 

アフィリエイトは、『質よりも、圧倒的に量が大事』という事を知らない人が多いです。特に最初こそ圧倒的な量が必要です。

 

 

最新の手法を知っていようが、素晴らしい文章を書けようが、一週間に1記事のペースでしか記事が書けない人は永遠に稼ぐことが出来ない厳しい世界です。

 

 

リライトツールであるMSR(メイン・サイト・リライター) や、無料ブログ様に記事を作るPSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)は卑怯と言う人もいると思います。

 

 

「いや、おれは一週間で1記事、下手したら1ヶ月1記事しか書けないが、内容は素晴らしい。だから、コツコツ書いていく」という気持ちでは、素晴らしいですが残念ながら稼ぎという部分で言えば絶対無理。

 

 

「良い記事を書いていればいつかは報われるだろう」という気持ちは捨てるべきです。

 

 

ドメインが評価されない限り、良い記事は「みんなの目に留まることはない」のを覚えておいてください。

 

  • コンテンツSEOで記事更新をしていき、Googleに評価される
  • ブラック SEOでサテライトサイトなどを構築しながら、メインサイトのGoogleの評価を上げる

 

厳密に言えば、「みんなの目に留まる」方法はこの2つになります。(YouTube動画、SNSからの流入は除く)

 

 

リライトツールを使って、いち早くこの様な状態にしていくコトが大事。もちろん、それがリライトツールではなく、外注の選択肢もあります。

 

 

しかし、

 

  • 外注に永続的にコンテンツをお願いするのはお金がかかる
  • 良い記事を書いてくれる外注は、基本的に金額が高くなる
  • 外注は「条件の良い」所に直ぐに流れる
  • 基本的に「外注に指示する」為には、自分自身が最低限のコンテンツの「何か」を理解している必要がある

 

と、稼げていない初心者のアフィリエイターには「敷居が高い」条件が実はあります。

 

 

リライトツールを使ってサイト作成をする事で、作業の質が圧倒的に上がりますし、稼ぐための基本的な事「圧倒的な量」を、質を上げながら生産する事が出来ます。

 

 

何度も言っていますが、MSR(メイン・サイト・リライター)は「リライトしながらライティングスキルが上がる」為、「外注を視野に入れている」アフィリエイターにとっても非常にすぐれたリライトツールだといえます。

 

 

つまり、質を上げるために量をこなす必要があるのです。ですので、しっかりと実践していけるリライトツールをオススメしています。

 

ライティングの知識を詰め込むだけではダメ

 

アフィリエイトは、自分の記事を作っていく事が「稼ぐ為の最短距離」です。

 

 

色々なライティングスキルを詰め込んで、勉強しても、アウトプットしていないアフィリエイターが絶対に稼げないというのが私の持論です。

 

 

私が教えている方も、「あれこれと考える方」よりも、「取り敢えず今月30記事リライトしました」と言うアウトプットの作業中心の方の方が圧倒的に稼ぐ時間が早いです。

 

 

「MSR(メイン・サイト・リライター)を使って100記事位書いたら、自然と流れが分かってきました!」

 

 

こんな感じです。「突然目の前の靄が晴れた様な」なんとも分からない経験をします。「アフィリエイターで稼げる様になる瞬間」は、この様な感じです。

 

 

ライティングノウハウを詰め込んで、色々と考えているアフィリエイターには絶対にない感覚。「下手でもとにかく記事を書く」「真似事でいいので記事を書く」手法は本当に「自分の殻を破る」に最適です。

 

 

知識を詰め込みすぎてビクリとも動けない人がかなり居ますが、それよりも、ある程度のズルをしてもしっかりと作業をしていく方が稼げます。

 

 

何度も言いますが、「変な正義感」「変なモラル」に縛られてリライトツールを使わず、作業時間もスキルもないアフィリエイターが、月に3記事から5記事をドメインに追加していっても、全く稼げるステージには行けません。

 

 

「目指すステージの人」が言っている事を鵜呑みにしてはいけません。

 

 

自分自身の承認欲求を満たす為に、情報発信として

 

  • 自分自身のオリジナルコンテンツを作って行こう
  • Googleに認められる、検索ユーザーに認められる価値のある記事を作って行こう
  • リライトツールはもう古い。直ぐにGoogleでチェックされる(これは知らないだけ)

 

こんな事ばかり言っているアフィリエイターに従う必要はありません。

 

 

あなたが、稼げる様になり、「次のステージ」に登れば、上記の発言も理解出来ます。

 

 

しかし、「次のステージ」に登る為には、圧倒的な「作業量」「自分で書いた記事」「それを支えるサテライト(これは戦略による)」が必要なのは2018年も変わりません。

 

 

そういった意味でも、リライトツールを使いながら、「サテライトサイトの記事を生成する」、質の良いランディングページをリライトする、圧倒的な量の記事を作っていく方が稼げるのは明白です。

 

 

知識を詰め込んで、お金と時間を使うよりも、圧倒的な作業量で量をこなす事が大事です。

 

真似事でも、まずは『自分の媒体を増やす事』が大事

 

『パクるな!』「オリジナル記事を書け」と言っているサイト運営者も、全てがオリジナルの思想から、ゼロから産んでる訳ではありません。

 

 

リライトツールを使わないにしても、資金力で取材をさせたり、外注に頼んだりしています。

 

 

外注を使っていないアフィリエイター、リライトツールを使っていないアフィリエイターの人も、参考にしている書籍、参考にしているサイトから、「検索ユーザーの求めること」を自分で考えながら、自分なりの表現で記事を書いていきます。

 

 

最初、アフィリエイトを始めた時であれば、この作業自体が出来ません。参考にしたサイト、参考にした文献、そのまま書いてしまいがちです。

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)を使っていけば稼いでいる(検索上位や、目的のキーワードで表示されているサイト)サイトの文章構成でリライトが出来ます。

 

 

リライトツールのMSR(メイン・サイト・リライター)を使う時、絶対に全ての文章を読みながらリライトしていきますので、文章構成を覚えながらリライトをしている状態になっています。

 

 

ですから「写経」と考え方が似ています。アフィリエイトの場合は、この様なリライトツールを使う事で「写経しながら稼げる様になる」のです。

 

 

記事をリライトしていくうちに、オリジナルの文章を書ける様なスキルを自然と覚えています。リライトをしながら、ライティングスキルを上げることが出来るのも、MSR(メイン・サイト・リライター)のメリットです。

 

 

リライトツールを使いながら、稼げる媒体を増やしていく、とにかく、自分の媒体、自分のアフィリコードがある記事を沢山増やしていく事が大事です。

 

 

精神論、根性論、キレイ事、言ってる事もわかります。でも、稼ぐ事が先決です。

 

 

副業や初心者の方、何年もアフィリエイトをしているけど全く稼げない方は、『少なくとも、今の考え、今の作業をしていても、ずっと未来も変わらない』のは明白です。

 

 

「原因と結果」の法則はアフィリエイトにもそのまま当てはまります。

 

 

ですので、しっかりと意識して、稼げない原因を探り、解決していく事で今とは違う未来が見えるようになると思います。

 

いくら綺麗事を並べても、1ヶ月100記事書く人間には勝てない

 

いくらキレイ事を並べた所で、1ヶ月で100記事以上書く人間には勝てません。自分の力にしろ、外注を使うにしろ、リライトツールを使うにしろ「自分の記事」をかけるかどうか?です。

 

 

もしあなたが「完全オリジナルの質の良い記事」にこだわり「1日1記事」書かないのであれば、1ヶ月でも30記事前後しか更新出来ないでしょう。

 

 

多少は質が落ちるが、「外注を使って1日3記事」「リライトツールで1日3記事」作り出すアフィリエイターには勝てません。

 

 

3ヶ月後には『300記事 VS 90記事』となり、半年後には『600記事 VS 180記事』になっていきます。

 

 

圧倒的に分母が広がっていきます。月日が経てば顕著です。

 

 

「オリジナルの記事が全く書けないアフィリエイター」が、成約率を考えた記事を書きたいと思い、MSR(メイン・サイト・リライター)を使ったとします。

 

 

「リライトしたい記事」を自分自身で探しリライトをしていくのですが、一番最初はツールの使い方が「慣れない」為、若干手間取ると仮定します。

 

 

ツールの使い方は簡単ですから、1週間も真剣に使えばサクサクと動かせるようになります。慣れてきて、1日3記事リライト出来る仕組みが出来ます。

 

 

MSR(メイン・サイト・リライター)の良いところは、自分の単語、参入するジャンル文言を登録出来るところです。

 

 

最初は面倒ですが、自分の辞書が増えていき、増えていけば、いちいち登録する手間がなくなっていきますので、『記事をリライトすればするほど、時間が短縮され、辞書登録が増えるので、リライト元が分からない質の良い記事が増える』様になります。

 

 

その作業を1ヶ月くらい真剣に続けると、自然と「売れる記事とはどのような構成なのか?」が分かってきます。

 

 

リライトしながら沢山の記事を読んでいく必要があるので、稼げる記事、売れている記事、検索上位に来ている記事の法則が分かるようになってきます。

 

 

そうすれば、稼ぎながら『売れる記事の書き方』を学ぶ事が出来るようになります。分母が大きくなるのですから、稼げる確率が上がるのは明白です。

 

 

Googleも「コンテンツを足していっているサイト」と認知してくれるようになります。

 

 

そうなれば不思議と、「リライト元の記事を参考にしなくても」書けるようになります。

 

 

キーワードから「検索ユーザーの意図」を考え、どの様な書き方をすればよいか?共起語は、どの様なモノがあるのか?等、色々な事が分かるようになります。

 

 

1000回打席に入った3割と、100回打席に入った3割。同じではないですよね。これと同じ理屈です。前者は「一流のバッターの指標」として判断出来ます。後者は「まぐれ」の可能性も高い。

 

 

どんどん記事を生産出来る体制を作る事が出来るのがリライトツールのメリットとなります。

 

 

質は良いに越した事はないが、頭デッカチで『量』をこなせない人間はいつまでも『質』を上げる事は絶対に無理

 

稼ぎながら質を上げていく。それが出来るのがアフィリエイトです。

 

 

質が大事なのは、アフィリエイトであれば誰も知っていることです。そんな事は「声を大にして言う事」ではありません。当たり前です。当たり前の事が出来ないから困っている。

 

 

質が最初から高いクオリティーの記事が書けるアフィリエイター等ほぼいません。知識だけを詰めたり、キレイ事ばかり並べても質は上がらないし、量もこなせないです。

 

 

私は、稼ぐまではとにかく根性出して記事を書いてきましたけど、それはMSR(メイン・サイト・リライター)と出会ってなかったからですね(笑)

 

 

今、知識がゼロになり、最初からするとしたらSIRIUSとMSR(メイン・サイト・リライター)を買います。

 

 

それだけで十分です。「今の知識」があれば、私がやってきた事、半分から3分の1の労力で出来ます。ですので、今、作業で困っている方に全員にオススメしたいです。

 

 

リライトツールを使って作業をするスピードと質に、最初感動や嫉妬すら覚えるかもしれません。今までなんで知らなかったんだろうと後悔するかもしれません。

 

 

その感覚を味わって欲しいと思います。圧倒的な作業量で、夏までに量をこなせる環境を作っていきましょう。

 

>>【オリジナル特典付き】MSR(メイン・サイト・リライター)のレビュー|副業ではこう使う!激ヤバレビュー